C1000の歴史

1957年

プラッシー発売 武田食品工業株式会社誕生

C1000(シーセン)の原点とは、ハウスウェルネスフーズ株式会社の前身、武田食品工業株式会社が1958年に関西地区で発売した「プラッシー」です。「プラッシー」は、ビタミンPとビタミンCを組み合わせ、家庭で自然に飲める飲料にビタミンを、との考えから開発された当時としては画期的な商品で、健康飲料の走りとなりました。

C1000の日 2月6日

1990年

「C1000せんい&オリゴ」
「C1000Fe」
「C1000Ca&Mg」

家庭で気軽に飲めるビタミン飲料というコンセプトは、1本にビタミンCを100mg加えた「シーアップ」ブランドへと引き継がれ、毎日を健康的に、より元気にお過ごしいただきたいという思いから、1本にビタミンC1000mgを配合したC1000ブランドとして、ご提供を始めました。1990年2月6日に、C1000ブランド3アイテム、「C1000せんい&オリゴ」「C1000Fe」「C1000Ca&Mg」が誕生。

1991年

C1000ビタミンレモン発売

1991年に入り、世の中は「健康飲料」がブームとなってきます。そこで機能はもちろん、飲み物としてのおいしい味をご提供したいという考えから、ビタミンCのイメージがしやすいレモンを使ったドリンク「C1000ビタミンレモン」が誕生しました。

1992年

C-upビタミンレモンウォーター発売

1992年、透明のコップに入った水にレモンの輪切りを浮かべたようなさわやかなドリンクをイメージしたC-upビタミンレモンウォーターが誕生します。レモンウォーターの前身はこんなクリアな透明瓶でした。

1998年

C1000ビタミンレモンゼリー発売

1999年

C1000ビタミンレモンHOT発売

2000年

C1000レモンウォーター発売

2003年

2006年

ハウスウェルネスフーズ株式会社誕生

2007年

新ブランドとしてのスタート
新シリーズ登場
新型PETボトル採用

新シリーズ登場

2008年

2009年

瓶型リニューアル

2010年

2013年

おかげさまで「C1000ビタミンレモン」は多くのお客様にご愛顧をいただき、「ビタミンCといえばC1000」といっていただけるまでになりました。C1000シリーズは、現在ビタミンレモンのほかにも、レモンウォーター、ビタミンレモンゼリー、など様々なアイテムをそろえ、お客様のおそばでこれからも元気なエールを送り続けます。

1990年代に流行したスイーツ
ティラミス
パンナコッタ
ベルギーワッフル
2000年代に流行したスイーツ
ロールケーキ
マカロン
キャラメルスイーツ
2010年代に流行したスイーツ
パンケーキ
Topへもどる
©2013 House Wellness Foods Corporation.,Ltd. All Rights Reserved.