VITAMIN COOKING SCHOOL

Vol.1 ふわっふわチーズオムレツ

C1000で完成!理想の栄養バランスブランチ

今回は、良質なたんぱく質とビタミン・ミネラルを含む卵と、
                    カルシウム・たんぱく質で健康的なからだづくりに一躍を担うチーズでつくる、ふわっふわのチーズオムレツをご紹介!
                    ハーブのサラダで食物繊維を、C1000でビタミンCをチャージすれば、楽しい休日の朝にぴったりな理想の栄養バランスブランチの完成です。

栄養Cさん

ビタミンのエキスパート。より多くのひとにビタミンの魅力を伝えるため、日々ビタミンたっぷりのメニュー考案に余念がない。一番好きなビタミンは、もちろんビタミンC。

LET'S TRY

材料

C1000ビタミンレモン・・・1本 A.卵(L玉)…3個(室温に戻し、卵黄と卵白に分ける) B.生クリーム …大さじ2  C.パルミジャーノ・レッジャーノ(すりおろす)または粉チーズ …20g D.カマンベール(外皮を取り除き、1㎝角に切っておく) …40  E.バター …大さじ2   F.リーフミックス(または好みのサラダ用葉野菜) …適量 G.ワインビネガー(または酢) …適量 H.オリーブオイル …適量 I.塩…少々  J.こしょう …少々

STEP BY STEP

リーフサラダをつくる

よく洗ったリーフミックスの水気を切り、こしょう、ワインビネガー(または酢)、オリーブオイル、最後に塩を入れ、空気を含ませながら手で混ぜ、器に盛りつけておきます。 ※空気を含ませながら、優しく手で和えることで、野菜全体に調味料が馴染みます。

チーズオムレツをつくる

卵黄と生クリームをボウルに入れ、こしょうを加えて混ぜます。別のボウルに卵白と1つまみの塩を入れ、泡だて器またはハンドミキサーで角が立つまで泡立て、メレンゲを作ります。卵黄液を少しずつメレンゲに加え、泡を潰さないように気を付けながら、泡だて器で2~3回ぐるりと混ぜ、色を均一にしましょう。

チーズオムレツを焼く

フッ素樹脂加工のフライパンを弱火~中火にかけてバター大さじ1を溶かし、2の生地の半量をこんもりと流し入れます。オムレツの片側半分に、パルミジャーノ・レッジャーノ10g、カマンベールチーズ20gを広げて2~3分焼きます。フライパンを動かしたときに生地が動き、裏に焼き色がついたら、チーズが乗っていない片側をフライ返しで半分にそっと折り返し、更に1~2分焼きます。リーフサラダと一緒に盛りつけて、完成です!

オムレツのふわっふわ加減は、メレンゲの泡立ち具合がキモ!
塩はたんぱく質を凝固させる力があるため、ひとつまみの塩を忘れないようにしましょう!

卵に含まれるビタミンEとC1000のビタミンCを一緒に摂取すると寒い冬のからだも元気に!これからの時期にぴったりなレシピです!

【レシピ・栄養監修】関口 絢子 料理研究家・管理栄養士インナービューティスペシャリスト
毎日続けられる事をモットーに、簡単・おいしい・お洒落、そして美容と健康に直結したレシピを発信。

COOKING ARCHIVE
Topへもどる
©2013 House Wellness Foods Corporation.,Ltd. All Rights Reserved.