VITAMIN COOKING SCHOOL

vol.10 やわらかローストポーク C1000とリンゴのソース添え

寒いこの季節には、心も体も元気にしてくれるスペシャルなディナーを!

簡単で美味しくできるローストポークをご紹介。フルーティーな風味が相性抜群のC1000とリンゴのソースを合わせて、パーティーシーズンらしい華やかなディナーを楽しんで。ビタミンB群が豊富な豚肉にC1000のビタミンCとクエン酸が豊富なリンゴをプラスすることで、寒い毎日でも体が喜ぶ女子応援レシピに。

栄養Cさん

ビタミンのエキスパート。より多くのひとにビタミンの魅力を伝えるため、日々ビタミンたっぷりのメニュー考案に余念がない。一番好きなビタミンは、もちろんビタミンC。

LET'S TRY

ローストポーク

材料

C1000とリンゴのソース

材料

STEP BY STEP

豚肉の下準備

豚肉はたこ糸で巻いて形を整え、塩、こしょう、刻んだタイムをまぶします。常温になるまでラップをして30分~60分程度寝かせます。

豚肉に焼き色をつけ、湯煎で加熱する

フライパンにオリーブオイル少々をひき、表面に焼き色を付けるように焼き固めましょう。耐熱性の密封袋に入れ、できる限り空気を抜いて封をし、輪ゴムで留めて熱湯が入った鍋に入れ、すぐにフタをして火を弱めます。弱火で20分加熱した後、火を消して40分そのまま放置しましょう。
※鍋での加熱時間は塊肉の大きさ、形状により異なります。放置の湯に温度が63度を下回る場合は再加熱し63~68度をキープしてください。※肉の断面が直径10センチを超える場合、茹で時間を10~20分長くしてください。

ソースをつくる

ソースを作ります。小鍋を弱火〜中火にかけてバターを溶かし、リンゴ(角切り&すりおろし)を入れて炒めます。水、コンソメスープの素、塩、こしょう、生姜汁とC1000パウダーを加えて煮立て、仕上げに水溶きコーンスターチを鍋肌から加えて混ぜ、とろみをつけましょう。

塊肉の入った密封袋を鍋に入れて湯煎する際には、袋全体がかぶるくらいのお湯を用意しましょう。柔らかくジューシーにできあがりますよ。

心身共に大満足なローストポークで、寒い冬でも元気いっぱい

【レシピ・栄養監修】関口 絢子 料理研究家・管理栄養士インナービューティスペシャリスト
毎日続けられる事をモットーに、簡単・おいしい・お洒落、そして美容と健康に直結したレシピを発信。

COOKING ARCHIVE
Topへもどる
©2013 House Wellness Foods Corporation.,Ltd. All Rights Reserved.